学校法人大和学園 京都専門職大学(仮称)

大学案内

学術知識×職業実践力と、学位を得られる
今までになかった、日本初の、大学生になる。

京都専門職大学(仮称) 開学への想い

健康長寿社会の実現に向けて、人々の健康づくりに貢献できる「管理栄養士」「和食の専門職業人」を養成

大和学園では80年以上にわたり、建学の精神をはじめとする学園理念の下、ホスピタリティ分野で活躍できる人材を輩出してきました。
しかし、社会の変化に伴い、専門職種に必要とされる知識や技能がさらに高度化・専門化・複雑化されています。これらの変化に対応し、社会の様々な要請に応える専門職業人の養成が求められるようになりました。このような中で大和学園は、これまでの専門学校における職業教育を越えた、理論にも裏付けられた高度な実践力を強みとして、専門業務を牽引できる人材かつ社会や産業の変化に対応して、新たなモノやサービスを創出することができる「管理栄養士」「和食分野の専門職業人」を養成することを決意しました。

京都専門職大学の理念・目的

大和学園 建学の精神

人の和の広がりを大きくし、もって人類の福祉増進に寄与する。

京都専門職大学 目的

職業を通じて人に奉仕し、人をもてなし、人を幸せにするホスピタリティ教育を基軸に、職業倫理を重んじ、企業や地域のビジョンを実現するための様々な課題にソリューションを提供できる、必要な資格や実践的職業能力を具備した専門職業人を養成して、地域社会や国際社会に貢献すること。

ホスピタリティ産業界において求められる専門職業人

1.ホスピタリティ精神と人間的魅力あふれる人材

人を心から思いやり、人の幸せを自分の幸せと感じることのできるホスピタリティ精神を持ち、人間的魅力あふれる自律した人材

2.ビジョン実現のため、創造と変革に挑戦する人材

企業や社会のビジョン実現のため、先見性に富み明確な目標を設定し、創造と変革に挑戦して、設え、やり遂げる人材

3.人の心を動かし、専門多職種と協働できる人材

まわりの人の心を動かし、良い影響を与えることで、他者と連携して個々の力を全体の力にできる人材

※上記は予定であり、変更する場合があります。

京都専門職大学 実践栄養調理学部 学びの特色

超高齢社会を迎えるわが国において、質の高い医療や福祉、そして食及び栄養を通して、誰もがいきいきと幸せに生きることができる社会づくりが課題とされています。食生活や栄養、食文化を取り巻く環境は大きく変化し、専門職種に必要とされる知識や技術がさらに高度化・専門化・複雑化する中、食や健康産業でリーダーシップやマネジメント能力を発揮し、多職種と連携して人々の健康づくりに貢献できる管理栄養士の養成及び調理と科学の視点から和食を追究し、和食の普及を通じて人々の健康づくりに貢献できる和食の専門職業人の養成が必要だと考えています。

京都専門職大学実践栄養調理学部では、専門学校の強みである「職業実践力」と大学の強みである「学術知識」の両方を身につけるという「専門職大学」ならではの学びを提供します。

そして、栄養、和食分野の高度な実践力と課題解決につながる創造力を修得し、建学の精神に根差したホスピタリティマインドと高潔な職業倫理、使命感をもって、健康長寿社会の実現に向けて人々の健康づくりに貢献できる管理栄養士と和食の専門職業人をめざします。

専門職大学とは

「専門職大学」は55年ぶりにつくられる新しい大学制度であり、大学制度の中に実践的な職業教育に重点を置いた仕組みとして制度化されたものです。産業界との密接な連携により、より高度な「実践力」と新たなモノやサービスを創り出せる「創造力」を有する「専門職業人材」の養成を行います。卒業時には学位として国が認めた専門職の学士が授与されます。

特徴

大学制度の中に位置づけられ、「学士(専門職)」の学位を取得できる。
「実践力」と「創造力」を併せ持つ専門職業人をめざす。
産業界等と密接に連携した教育を展開する。
  ・卒業単位のおおむね3~4割程度以上を実習等の科目。
  ・600時間を超える臨地実務実習(企業内実習)を実施。
  ・専任教員の4割以上が高度の実務能力を有する実務家教員。

概念図

参照元:文部科学省HPより

専門職大学と大学・短大、専門学校のちがい
専門職大学 大学・短大 専門学校
学ぶ期間 専門職大学:4年
専門職短期大学:2~3年
大学:4~6年
短期大学:2~3年
1~4年
取得できる学位(称号) 学士(専門職) 学士 専門士、高度専門士などの称号
学びの特色 企業での長期実習や関連の職業分野に関する教育等を通じ、高度な「実践力」や豊かな「創造性」を培う教育に重点を置く。 専門教育と教養教育や学術研究を併せて行い、比較的、学問的色彩の強い教育が行われる傾向。 自由度の高い制度の特性を活かし、職業に関する技能・知識を実践的に学ぶ。
授業の特色 めざす職業に関連する方の協力を得て、教育課程を編成、実施するなど、産業界等と連携した教育を行う。 専門的な授業・研究に加え、一般教養についても学ぶ。 職業に必要な知識・技能を中心に学ぶ。
実習の特色 ・卒業単位のおおむね3~4割程度以上を実習等の科目。
・企業内実習等を、4年間で20単位以上履修することが必須。
豊富な選択授業に加え、ゼミなどの選択が可能。 現場で必要となる実践力を身につける実習・演習が中心。
教員の特色 大学同等の教員資格を持つ教員に加え、4割以上が現場経験を持つ「実務家教員」。 専門分野の学問に精通した教員が多数いる。 学ぶ職業の知識・技能に精通した教員が多数いる。

実践栄養調理学部 学科紹介

実践栄養調理学部 栄養マネジメント学科

4年制 60名(男・女)

食や健康産業でリーダーシップやマネジメント能力を発揮し、多職種と連携して人々の健康づくりに貢献できる管理栄養士を養成
【取得資格】管理栄養士国家試験受験資格 など
【取得学位】栄養マネジメント学士(専門職)

実践栄養調理学部 和食ビジネス学科

4年制 30名(男・女)

調理と科学の視点から和食を追及し、和食の普及を通じて人々の健康づくりに貢献できる和食の専門職業人の養成
【取得資格】調理師免許
【取得学位】和食ビジネス学士(専門職)

pagetop