学校法人大和学園 京都専門職大学(仮称)

大学案内

専門職大学についての詳細や、理念・教育方針について

専門職大学とは

本学園は昭和6年の創設から80年以上にわたり、「人の和の広がりを大きくし、もって人類の福祉増進に寄与する」という建学の精神をはじめとする学園理念の下、ホスピタリティ分野で活躍できる人材を輩出してまいりました。
このような中、専門職業人の養成を目的とする新たな高等教育機関として、専門職大学等の制度化をするために学校教育法の一部が改正され、平成31年4月1日から施行されることとなりました。
この専門職大学における専門職業人の養成は、本学園がかねてから取り組んできた職業教育をさらに発展させることができるものであると考え、新制度に基づいて京都専門職大学の設置を認可申請中です。(平成30年3月31日現在)

専門職大学と大学 特色の違い

既存の大学 京都専門職大学
カリキュラム構成 必修科目、選択科目及び自由科目に分かれる ・基礎科目
(生涯にわたり自らの資質を向上させ、社会的及び職業的自立を図るために必要な能力を育成するための授業科目)

・職業実践科目
(専攻に係る特定の職業において必要とされる理論的かつ実践的な 能力及び当該職業の分野全般にわたり必要な能力を育成するための授業科目)

・展開科目
(専攻に係る特定の職業の分野に関連する分野における応用的な能力で あって、当該職業の分野において創造的な役割を果たすために必要なものを育成するための授業科目)

・総合科目
(修得した知識及び技能等を総合し、専門性が求められる職業を担うた めの実践的かつ応用的な能力を総合的に向上させるための授業科目)
修業年限 4年制 4年制
教員組織 - 専任教員のうち、概ね4割以上は実務の経験等を有する教員(実務家教員)
学位  卒業時に「学士」が付与 卒業時に「学士(専門職)」が付与

京都専門職大学の理念・教育方針

産業の高度化・複雑化に伴い、職業人に求められる能力も高度化・多様化する中、本学園ではこれまで長年にわたり積み上げてきた専門学校の職業教育を発展、さらに高度化させるため、4年制の専門職大学の教育を通じて、変化への対応や中核的な役割を担う 人材に必要な基礎・教養、理論に裏づけられた実践力を兼ね備えた質の高い専門職業人を養成したいと考えております。これからの社会の変化に柔軟に対応し、社会の様々な要請に応える人材の養成に向けて、尽力してまいります。

pagetop